本場紀州の紅南高梅 色つやも味も一級品です
紀州和歌山産 紅南高梅
紅色の最高級品
南高梅の中でもお日様の陽を浴びて実が紅色に染まったものを紅南高梅と呼びます。
栽培には非常に高い技術力が必要なため、収穫できる量はごくわずかです。
ただし紅色に色付いている=完熟というわけではありません。
梅酒にするとほんのりと紅く染まり、宝石のような輝きのきれいな梅酒に漬けあがります。
梅酒用の梅では最高級品です。
(梅干や梅ジュースにもお使いいただけます。)
陽の当たっている上部だけが紅色に染まっています。
これが紅南高梅の特徴です。
左が南高梅(青梅)、右が紅南高梅です。
美味しい梅干作りにどうぞ♪梅干イメージ
梅酒の作り方
梅を水洗いして水気を切ります。
広口ビンに梅と氷砂糖を交互に入れ、ホワイトリカーを注ぎます。
お酒の種類は焼酎やウイスキー、ブランデーでもいいです。
冷暗所に保存し、時々ビンを動かして砂糖を溶かし約1ヶ月後に梅の実を取り出して出来上がり。
分量の目安
梅 2kg
氷砂糖 1〜1.5kg
ホワイトリカー 1.8L
梅ジュースの作り方
梅を冷凍庫に24時間入れます。
砂糖と梅をビンに交互に入れて密閉します。
梅の解凍が始まると時々ビンを動かし、砂糖を溶かします。約10日で出来上がります。
保存時はジュースを広口ビンに入れ、加熱殺菌後(約80度で15分間)さまして冷蔵庫で保存してください。
分量の目安
梅 2kg
砂糖 1.5kg
注意
梅は収穫後も追熟しますので、商品到着後はすぐに加工してください。
保存の期間が長くなれば追熟が進むので、鮮度が落ちてしまい美味しくなくなります。
また凍らせると溶けた後は、変色しぶよぶよになりますので冷凍は避けてください。
◆ 商品の詳細 ◆
保存方法
賞味期限
収穫後も追熟が進むため、届いたらすぐに加工してください。
ほとんど保存が利かないと思っても良いでしょう。
食べ方 梅酒、梅干を筆頭に梅ジュース、梅シロップ、梅ゼリーなどお好みで色々加工してお召し上がりいただけます。
栄養性 梅のほとんどがミネラル分とクエン酸で食物繊維も多く含まれています。
中でもクエン酸は成熟するにつれ多くなり、脂質や糖質の代謝を活発にし、疲労回復に大変効果的と言われています。
昔から「梅は三毒を絶つ」とも言われており、(疲労の元となる乳酸、バクテリア、病原菌)を梅に含まれる成分が毒を絶って健康な体を作ってくれるとも言われています。

◆紅南高梅

◆その他の紅南高梅を探す


紅南高梅 南高梅 青梅 小梅 梅カテゴリ 梅干 梅酒 梅ジュース・梅シロップ