白さと甘さと柔らかさが特徴です
特選 白子たけのこ
白子たけのこの特徴は
『白さ』と『甘さ』と『やわらかさ』
その理由は、土壌が粘土質の竹やぶから採れるから。
粘土質の土壌だと、たけのこがなかなか土の中から出てこれないため、色が『白く』、土中にある間に『えぐみ』が抜け出ます。
そのため白子タケノコは『えぐみ』が一切なく、しかも『甘み』があり、『やわらかい』のです。
さっと湯がくだけでお刺身でも食べれるほどです。
白子たけのこイメージ
普通のたけのこは、主に土壌が山土や砂地の竹やぶから生えてきます。
土壌が『山土』だとたけのこは土が軽い分、すぐに土の中から出てきます。
そのため『えぐみ』が多少残っているのです。
もちろん、普通のたけのこも掘ってすぐの新鮮な物は『えぐみ』も無く美味しいですが、白子タケノコは別物といっても良いくらいです。
食べ比べてみると違いはすぐに分かります(^^)
たけのこは食物繊維が豊富なヘルシー食材です。
カロリーが低く、食べごたえがあるのでダイエット中や便秘の方におすすめです。
南の地域から次第に旬を迎えるたけのこ。
産地や時期によって味に違いがあります。
旬菜果では全国のタケノコの中から、その時期に一番品質のよい産地のものを選んでおすすめします。
白子タケノコは京都産が全国的にも有名で品質も良いとされています。
高級食材として料亭などでも使われていますが、それに比例して値段も高く、なかなか手が出ないと思います。
他産地の白子タケノコも京都産の白子タケノコに負けずにとても美味しいタケノコです。
他産地の白子タケノコもぜひ一度お試し下さい。
たけのこのあく抜き
1.頭の部分を斜めに切り落とし、皮の部分に縦に切れ目を入れます。
2.鍋にたけのこが浸かるくらいのたっぷりの水を入れる。
3.竹の子、ぬか(水の10%ほど)(無ければ、米のとぎ汁でも可)、唐辛子(2、3本)を水の中に入れ、落とし蓋をして火を点ける。
4.沸騰したら約30分で火を止めて、2〜3時間そのままにしておく。
5.その後、皮をむき料理してください。
皮にはたけのこを柔らかくしてくれる成分が含まれているので、皮ごとゆでるのがポイントです。
たけのこの保存方法
届いたら、すぐに茹でて下さい。
手早く下茹ですることが大事です。
下茹ですることにより、あくが抜けて新鮮さを保つことができます。
その後、きれいな水に浸して密封容器に入れ、冷蔵庫で保存します。
時々水を入れ替えれば10日ぐらい持ちます。
また、食物繊維が多いので冷凍保存には向きません。
解凍するとベタベタになり、食感も風味もかなり落ちてしまうからです。
◆ 商品の詳細 ◆
保存方法
賞味期限
白子たけのこは普通のたけのこと違い、えぐみが少ない為、生でも美味しく食べることが出来ます。
しかし、日持ちが悪いことは変わりありませんので、すぐに茹でることをオススメします。
茹でてあく抜きをした後は水に浸して密封容器に入れ、冷蔵庫で保存します。
時々水を入れ替えれば、10日ぐらい持ちます。
食物繊維が多いので、冷凍保存には向きません。
解凍するとベタベタになり、食感も風味もかなり落ちてしまうからです。
食べ方 若竹煮、たけのこご飯など、お好みで旬の味覚を堪能してください。
白子たけのこは柔らかく甘く、エグミがほとんど無いので、刺身としても食べることが出来ます。
栄養性 カリウム、アスパラギン酸、チロシン、ビタミンB1、B2、ミネラル、たんぱく質、食物繊維などが含まれています。
多く含まれているカリウムは利尿作用あり、腎臓の働きを活発にするので、高血圧の予防に効果的。 
アスパラギン酸は新陳代謝を活発にし、疲労回復をスムーズにしてくれる働きがある。
チロシンは甲状腺ホルモンの合成、黒髪をつくる色素合成などアスパラギン酸と共に新陳代謝に効果的。 
たけのこの食物繊維は不溶性なので腸内を整えコレステロールを抑える作用がある。

◆白子たけのこ

◆その他の白子たけのこを探す


白子たけのこ たけのこ たけのこ水煮