カロリーが低くダイエットにオススメ
ズッキーニ
ズッキーニイメージ
ズッキーニとは、ウリ科のかぼちゃの仲間で、代表的なものは大きなきゅうりのような形と色をしています。
他にも丸型・UFO型などの形があり、色も緑色と黄色、筋が入ったものがあります。
味は淡白でほのかな甘味があってナスのような食感です。
とても油と相性のよい食材なので、油で炒めたり揚げたりすることで、香りが出て美味しくなります。煮込み料理にする場合でも、先に軽く油で炒めてから煮込むとよいでしょう。
フランス料理やイタリア料理のソテーやマリネ、煮込み料理などによく使われます。
夏野菜の煮込みで知られているラタトウユには欠かせない食材です。
南瓜の知っ得!
緑黄色野菜である南瓜の成分といえば、ビタミン!
特に西洋カボチャの黄色い実の色はカロチンの色素です。
ベータカロチンにはがん細胞の発生を防いだり、免疫力を高める効果があるんです。
他にも、たんぱく質やミネラル、カリウムや食物繊維など、たくさんの栄養が含まれている高栄養野菜です。
かぼちゃは漢字で南瓜と書きますが、南京瓜(なんきんうり)の略だそうです。
他にも「唐茄子(とうなす)」「南京(なんきん)」という呼び名もあります。
日本で栽培されているのは日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃの3種類です。
日本かぼちゃは水分が多く淡泊な味わいで、しょうゆとの相性がよく、日本料理に向きます。
ペポかぼちゃは変わった形のものが多く、ズッキーニやアメリカでハロウィンに使用されるオレンジ色の皮のパンプキンもペポカボチャの一種です。
現在はほとんどが、栄養価が高く、調理法の多い西洋かぼちゃ(別名栗かぼちゃ)になりました。
甘みが強く、粉質でほくほくした味わいが人気です。
◆ 商品の詳細 ◆
保存方法
賞味期限
古くなると実がスカスカになるので、なるべく早く食べることをオススメします。
保存するときは、ラップや新聞紙などに包んで、涼しくて風通しのよいところか、冷蔵庫の野菜室で保存します。
食べ方 ズッキーニは歯ごたえがなすに似ており、油と相性のよい食材です。
油で炒めたり揚げたりすることで、香りが出て美味しくなります。
煮込み料理にする場合でも、先に軽く油で炒めてから煮込むとよいでしょう。
フランス料理やイタリア料理のソテーやマリネ、煮込み料理などによく使われます。
夏野菜の煮込みで知られているラタトウユには欠かせない食材です。
栄養性 ズッキーニはカロリーが低く、ダイエットにはオススメの食材です。
油で炒めることで、ズッキーニに多く含まれるカロチンの吸収率をUPさせ、体の免疫を強化し、風邪の予防や粘膜の保護に効果があります。
また、ビタミンBが血液の循環をよくし、体に溜まった余分な水分を排泄してくれるので、むくみ解消や血行促進によって美肌効果を発揮します。
食物繊維も含んでいるので、便秘の解消にも効果的です。

◆ズッキーニ

◆その他のズッキーニを探す


ズッキーニ エビスかぼちゃ 打木赤皮甘栗かぼちゃ 味平かぼちゃ 栗かぼちゃ
坊ちゃんかぼちゃ かぼちゃ カテゴリ