トップページ > ベジタブル > カボチャ >

加賀野菜 打木赤皮甘栗かぼちゃ

鮮やかな赤色とねっとりした食感が特徴
加賀野菜 打木赤皮甘栗南瓜(うつぎあかがわあまぐりかぼちゃ)
鮮やかな赤い皮が特徴的なの打木赤皮甘栗カボチャ。石川県の伝統加賀野菜の一つです。
小ぶりのカボチャで、大きさはえびすカボチャの半分くらい、重さは大玉でも1kg強です。
西洋カボチャの中では「粘質系」に属し、ホクホクしながらもシットリと水分が多くて粘質の上品な味わいです。
煮物に最適な品種ですが、皮が薄いのでソテーやフライもおすすめです。
打木赤皮甘栗カボチャとは?
打木赤皮甘栗カボチャは西洋カボチャの一種で、昭和初期に作られ始めました。
昭和30年頃には京阪市場で人気があったので、覚えている方もいらっしゃるかもしれません。
他の西洋かぼちゃの人気が高まり、一時期需要が減りました。
しかし恵比寿カボチャに負けない甘さがあること、種の保存の意味もあって、ここ数年で再び注目を集めるようになりました。
普通のえびすカボチャは水分が少なくて口がパサパサするという方に、ねっとりとした食感の打木赤皮甘栗カボチャはオススメです。
加賀野菜の中でもこの打木赤皮甘栗カボチャは生産量が少なく、伝統野菜と位置づけられています。
中でも大玉はもっと流通量が少なく、希少価値が高くなっています。
南瓜の知っ得!
緑黄色野菜である南瓜の成分といえば、ビタミン!
特に西洋カボチャの黄色い実の色はカロチンの色素です。
ベータカロチンにはがん細胞の発生を防いだり、免疫力を高める効果があるんです。
他にも、たんぱく質やミネラル、カリウムや食物繊維など、たくさんの栄養が含まれている高栄養野菜です。
かぼちゃは漢字で南瓜と書きますが、南京瓜(なんきんうり)の略だそうです。
他にも「唐茄子(とうなす)」「南京(なんきん)」という呼び名もあります。
日本で栽培されているのは日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃの3種類です。
日本かぼちゃは水分が多く淡泊な味わいで、しょうゆとの相性がよく、日本料理に向きます。
ペポかぼちゃは変わった形のものが多く、ズッキーニやアメリカでハロウィンに使用されるオレンジ色の皮のパンプキンもペポカボチャの一種です。
現在はほとんどが、栄養価が高く、調理法の多い西洋かぼちゃ(別名栗かぼちゃ)になりました。
甘みが強く、粉質でほくほくした味わいが人気です。
◆ 商品の詳細 ◆
保存方法
賞味期限
そのままの状態なら常温で2〜3ヶ月ほど保存できます。
カットしてあるものは種やワタの部分から痛み始めるので、それを取り除き、ラップに包んで冷蔵庫に保存してください。
ただし、なるべく4〜5日で調理することをオススメします。
食べ方 煮物、焼きカボチャ、炒め物、天ぷら、スープなど色々な料理で楽しめます。
煮物に最適な品種ですが、皮が薄いのでソテーやフライもおすすめです。
サラダにすると本来の旨みが味わえるのでオススメです。
栄養性 でんぷんや糖質のほか、ビタミンC、ビタミンE、カロテン、食物繊維などを豊富に含む。
かぼちゃの黄色い実の色はカロテンの色素で、体内に入るとビタミンAに変わり、粘膜や皮膚の抵抗力を高め、風邪を予防。
カロテンは、がん細胞の発生を防いだり、免疫力を高める効果があります。
ビタミンCは100g中39mgとトマトの約2倍も含まれています。
ビタミンC、ビタミンE、カロテン、すべてが揃うと抗酸化作用の働きがより活発になり、心筋梗塞・脳梗塞などの予防に良いとされています。
食物繊維は、腸を綺麗にし、便秘の解消に効果があります。
他にも、かぼちゃにはビタミンB1、B2、タンパク質、ミネラル、カリウムも含まれており、糖尿病の食事にも有効です。

◆加賀野菜 打木赤皮甘栗かぼちゃ

◆赤皮かぼちゃ

◆その他の加賀野菜 打木赤皮甘栗かぼちゃを探す


打木赤皮甘栗かぼちゃ エビスかぼちゃ 味平かぼちゃ 栗かぼちゃ 坊ちゃんかぼちゃ
ズッキーニ かぼちゃ カテゴリ