トップページ > ベジタブル > カボチャ >

エビスかぼちゃ

濃厚な甘みとホクホク食感が特徴
完熟エビス南瓜(えびすカボチャ)
エビスカボチャイメージ
エビス南瓜は日本で流通している西洋カボチャの代表とも言える品種です。
皆さんが思い出す味は多分エビス南瓜のものでしょう。
ホクホクした食感と独特の濃厚な甘みは、完熟するともっと増します。
3〜4ヶ月貯蔵するとデンプンが糖分に分解されるためです。
その頃デンプン質と糖質が等量になり、もっとも美味しくなるそうです。
そうして美味しく貯蔵されたエビス南瓜は、煮物やスープなどのおかずとして、プリンなどのお菓子にも合う食材として定番の野菜です。
南瓜の知っ得!
緑黄色野菜である南瓜の成分といえば、ビタミン!
特に西洋カボチャの黄色い実の色はカロチンの色素です。
ベータカロチンにはがん細胞の発生を防いだり、免疫力を高める効果があるんです。
他にも、たんぱく質やミネラル、カリウムや食物繊維など、たくさんの栄養が含まれている高栄養野菜です。
かぼちゃは漢字で南瓜と書きますが、南京瓜(なんきんうり)の略だそうです。
他にも「唐茄子(とうなす)」「南京(なんきん)」という呼び名もあります。
日本で栽培されているのは日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃの3種類です。
日本かぼちゃは水分が多く淡泊な味わいで、しょうゆとの相性がよく、日本料理に向きます。
ペポかぼちゃは変わった形のものが多く、ズッキーニやアメリカでハロウィンに使用されるオレンジ色の皮のパンプキンもペポカボチャの一種です。
現在はほとんどが、栄養価が高く、調理法の多い西洋かぼちゃ(別名栗かぼちゃ)になりました。
甘みが強く、粉質でほくほくした味わいが人気です。
◆ 商品の詳細 ◆
保存方法
賞味期限
そのままの状態なら常温で2〜3ヶ月ほど保存できます。
カットしてあるものは種やワタの部分から痛み始めるので、それを取り除き、ラップに包んで冷蔵庫に保存してください。
ただし、なるべく4〜5日で調理することをオススメします。
食べ方 煮物、焼きカボチャ、炒め物、天ぷら、スープなど色々な料理で楽しめます。
サラダにすると本来の旨みが味わえるのでオススメです。
栄養性 でんぷんや糖質のほか、ビタミンC、ビタミンE、カロテン、食物繊維などを豊富に含む。
かぼちゃの黄色い実の色はカロテンの色素で、体内に入るとビタミンAに変わり、粘膜や皮膚の抵抗力を高め、風邪を予防。
カロテンは、がん細胞の発生を防いだり、免疫力を高める効果があります。
ビタミンCは100g中39mgとトマトの約2倍も含まれています。
ビタミンC、ビタミンE、カロテン、すべてが揃うと抗酸化作用の働きがより活発になり、心筋梗塞・脳梗塞などの予防に良いとされています。
食物繊維は、腸を綺麗にし、便秘の解消に効果があります。
他にも、かぼちゃにはビタミンB1、B2、タンパク質、ミネラル、カリウムも含まれており、糖尿病の食事にも有効です。

◆エビスかぼちゃ

◆その他のエビスかぼちゃを探す


エビスかぼちゃ 打木赤皮甘栗かぼちゃ 味平かぼちゃ 栗かぼちゃ 坊ちゃんかぼちゃ
ズッキーニ かぼちゃ カテゴリ