トップページ > ベジタブル > キュウリ >

加賀野菜 加賀太きゅうり

ボリューム満点!!驚く太さのきゅうりです
加賀野菜 加賀太きゅうり
加賀太きゅうりイメージ
加賀太きゅうりは見た目で分かるように普通のきゅうりと比べるととても太く特徴的です。
果肉は厚いがやわらかく、食味、日持ちがよいので、酢の物やサラダなど食材を活かす料理やその太さを利用して肉詰めにしても美味しくいただけます。
味は一般のきゅうりに似ていますが甘味があり果肉が厚く、肉質はしまっています。
また水分が多いためやわらかくてみずみずしい食感です。
気になる種も柔らかく、そのまま食べてもまったく気になりません。
加賀太きゅうりが数年前にキリンビールのCMで使用されたのを覚えていらっしゃるでしょうか?
美味しそうに加賀太きゅうりを丸かじりするシーンは印象的でした。
あのCMを見て、食べてみたいと思った方も多いことと思います。
CMのように冷やしてまるかじりなんて一興かもしれませんよ(^^)
加賀太きゅうりの長さは22〜27cm、重さは1本500g〜800g、胴回りが5〜8cmの白いぼ太キュウリで、1つの重さが1kgにもなるものもあります。
加賀太きゅうりは加賀野菜15品目の一つで金沢の一部のみで栽培されています。
★ 保存方法 ★
しっかりラップをして野菜室でOK!
太い分、しっかりと水分を溜め込んでいます。
もともと日持ちが良いので新鮮な状態で約1週間程度もちます。
温度変化をさせずに一定温度(10℃程度)ならば2週間は大丈夫です。
ただし、生野菜には変わりありません。
鮮度が落ちてくると香りが飛び、柔らかくなってきます。
新鮮なものを食べていただきたいので、出来れば3〜4日で食べてください。
また、0℃〜5℃の低温だと低温障害を起こしてしまうので、冷やしすぎは禁物です。
頭やお尻の部分が柔らかくなってきたら、鮮度が落ちてきた証拠です。
◆ 商品の詳細 ◆
保存方法
賞味期限
しっかりラップをして野菜室でOK!
太い分、しっかりと水分を溜め込んでいます。
もともと日持ちが良いので新鮮な状態で約1週間程度もちます。
温度変化をさせずに一定温度(10℃程度)ならば2週間は大丈夫です。
鮮度が落ちてくると香りが飛び、柔らかくなってきます。
新鮮なものを食べていただきたいので、出来れば3〜4日で食べてください。
また、0℃〜5℃の低温だと低温障害を起こしてしまうので、冷やしすぎは禁物です。
頭やお尻の部分が柔らかくなってきたら、鮮度が落ちてきた証拠です。
食べ方 軽く皮をむき、酢の物・サラダ・味噌汁の具・あんかけ・炒め物など色々な料理でいただけます。
ポイントはどんな料理で使う際も、必ず皮をむいて種を取り出しましょう。
栄養性 ビタミンC、カリウムが多く含まれる。
カリウムは、体内の不要なナトリウムを排出し、血圧を正常に保たせる働きをすると言われている。
また利尿作用でむくみも解消できる働きがある。

◆加賀野菜 加賀太きゅうり

◆その他の加賀野菜 加賀太きゅうりを探す