トップページ > ベジタブル > キノコ >

アメリカ・カナダ産 まつたけ・マツタケ・松茸

香り最高!北米産の白いマツタケ
アメリカ・カナダ産 松茸(まつたけ)
アメリカ・カナダ産の特徴はまず色です。
茶色が薄く、白いんです。
国産や中国産の松茸と比べてみると一目瞭然。
特筆すべきはその「香り」。
箱を開けただけで「ふわ〜っ」と広がる香りは国産にも全く劣りません。
ただし輸入物は日本産に比べると風味が落ちます。
これは輸送中の時間の経過によって起きる事であり、新鮮であれば輸入物も国産も何ら変わりはありません。
鮮度落ちしないように、現地では採取後ヘリコプターを使用して運び、時間短縮しています。
日本でも獲れる「白松茸」とは別物です。
白松茸は「モミタケ」の俗称で、松茸とは近似種に当たります。
しかし、香りは微妙に香る程度で、ほとんどありません。
他に「サマツ」とも言われて流通していますが、厳密にはサマツは「早松」と書き、梅雨時期などの時期ハズレに生える松茸の近似種です。
味と香りを活かして調理するコツ
マツタケは高級食材です。おいしく食べたいですよね。
マツタケの味と香りを活かすためには薄味に!
醤油の香りが強くなり過ぎないように、塩も使って味を調整するのがコツです。
香ばしさを出すには、炙ってから蒸しましょう。
マツタケは笠が開いただけ香りが広がります。
その特性を利用して、つぼみは裂いたときに香るように、焼きマツタケに。
ひらきはそのままでも薫り高いので、土瓶蒸しやお吸い物などに良いでしょう。
また、くれぐれも水洗いしないように!
水洗いすると香りが落ちます。
石づきを取って、ふきんなど乾いた布で汚れを取りましょう。
保存のご注意
採取してからどんどん風味が落ちてくる食材ですので、新鮮なうちにお召し上がりください。
新鮮なものは、裂いた時中身が白いのですが、日が経つと茶色い部分が出来てきます。
そうなる前に食べてくださいね。
長期保存はラップに包み、冷凍してください。
ただし風味がかなり落ちるため、オススメできません。
◆ 商品の詳細 ◆
保存方法
賞味期限
採取してからどんどん風味が落ちてくる食材ですので、新鮮なうちにお召し上がりください。
新鮮なものは、裂いた時中身が白いのですが、日が経つと茶色い部分が出来てきます。
そうなる前に食べてくださいね。
長期保存はラップに包み、冷凍してください。
ただし風味がかなり落ちるため、オススメできません。
食べ方 マツタケの味と香りを活かすためには薄味に!
醤油の香りが強くなり過ぎないように、塩も使って味を調整するのがコツです。
香ばしさを出すには、炙ってから蒸しましょう。
マツタケは笠が開いただけ香りが広がります。
その特性を利用して、つぼみは裂いたときに香るように、焼きマツタケに。
ひらきはそのままでも薫り高いので、土瓶蒸しやお吸い物などに良いでしょう。
また、くれぐれも水洗いしないように!
水洗いすると香りが落ちます。
石づきを取って、ふきんなど乾いた布で汚れを取りましょう。
栄養性 ビタミンB1、ビタミンC、食物繊維、マツタケオールなどを含む。
中でも特にビタミンB1を多く含む。
ストレス社会の現代には特に、なくてはならないビタミンです。
ビタミンB1のはたらきは、糖質を分解する酵素を助け、エネルギーにかえていきます。
不足すると、疲れやすくなったり、さらには手足のしびれ、むくみ、動悸などといった症状が出てきます。
また、脳や神経のエネルギー源でもあるために、集中力がなくなったり、イライラが起こったりします。
少量ながらビタミンCも含み、美肌・美白効果を持つ。
また、抗酸化作用も期待でき、ガンの予防・血中コレステロールを下げるなどの効果が期待できる。
食物繊維は、腸を綺麗にし、ガン予防、便秘の予防に効果的である。
香りの主成分はマツタケオールと桂皮酸メチルだが、特にマツタケ特有の香りを生んでいるのは桂皮酸メチルである。
マツタケオールは、松茸特徴の微かな香りで秋の気分を味あわせてくれます^^

◆アメリカ・カナダ産 まつたけ・マツタケ・松茸

◆その他のアメリカ・カナダ産 まつたけ・マツタケ・松茸を探す


アメリカ・カナダ産まつたけ
中国産まつたけ 国産まつたけ 韓国産まつたけ まつたけカテゴリ