トップページ >

敬老の日

9月の第3月曜日は敬老の日
おじいちゃん、おばあちゃんにありがとう
ご注文はお早めに!!

◆敬老の日

〜敬老の日〜
おじいさん、おばあさんに感謝の気持ちを届ける「敬老の日」。
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。」
これは「国民の祝日に関する法律?第2条」に定められている言葉です。

昔は9月15日が敬老の日でしたが、2003年にハッピーマンデー制度が導入されて以来、9月の第3月曜日に変更となりました。

〜敬老の日の由来〜
敬老の日は、昭和29年に「年寄りの日」という名前で制定されましたが、もっといい呼び方にしようということで、昭和39年に「敬老の日」と改められました。
そして昭和41年に「国民の祝日法」が改正され、“老人を敬愛し長寿を祝う”として、国民の祝日となりました。
由来はいろいろありますが、有力な説は2つ。 まずひとつは、聖徳太子の説です。
聖徳太子が大阪に四天王寺を建てた時、ここに四天王の名前に合わせて、敬田院・悲田院・施薬院・療病院の四箇院を設置したといわれています。
その内の悲田院というのが、今でいうところの老人ホームで、この悲田院が誕生したのが9月15日であったため、この日が選ばれたということです。
ふたつ目は、元正天皇の説です。
元正天皇が717年に「万病を癒す薬の滝」といわれていた岐阜県の養老の滝へ行幸し、「醴泉は、美泉なり。以て老を養うべし。
蓋し水の精なればなり。天下に大赦して、霊亀三年を改め、養老元年と為すべし」と告げて、年号を「養老」に改元した故事にちなむというものです。
さらに、養老の滝には敬老の日と結びつきの強い伝説があります。
ある父親思いの息子が、老いた父に酒を飲ませたいと願ったところ霊泉から酒がわいたという故事です。
これらにもとづき、全国的に9月中旬頃に地域のお年寄りを招待して敬老会を開くということが慣わしになり、そこで9月15日を敬老の日に定めたと言われています。

〜のしの文言〜
熨斗は何度もお祝いできることから、赤白の蝶結びです。
「御祝」が一般的に誰でも使える文言だと思います。
他にも「祝敬老の日」「敬老の日御祝」「敬老の日おめでとう」なども使えます。
ちょっと長いですが、孫から送る場合などに「おじいちゃん おばあちゃん ありがとう」といった文言も良いでしょう。
名入れは、贈り主だけでもいいですし家族を連名で記入しても大丈夫です。

〜長寿のお祝い〜
長寿のお祝いという節目に当たる年の「敬老の日」は、例年と違ってちょっと特別なもの。
「敬老の日」と長寿のお祝いを併せて、盛大にお祝いしてはいかがでしょう。
長寿のお祝いは数え年で61歳(満年齢で60歳)になる年から始まります。
本来は数え年でお祝いをするのですが、現在では満年齢で数える方も多く、誕生日や敬老の日にお祝いをするのが一般的です。
<一覧>(数え年)
61歳:還暦・・・干支(十干十二支)が60年で一巡し、61歳で生まれ干支に還るため。
66歳:緑寿・・・2002年9月に日本百貨店協会が提唱、緑々寿の略。
70歳:古希・・・杜甫の漢詩である「曲江」内の『人生七十古来稀なり』の一節より。
77歳:喜寿・・・草書で書いた「喜」の字が七十七と読めるため。
80歳:傘寿・・・「傘」の略字が八十と読めるため。
88歳:米寿・・・「米」の字を分解すると、八十八と読めるため。
90歳:卒寿・・・「卒」の草書が九十と九十と読めるため。
99歳:白寿・・・「百」から一画目の「一」を取ると「白」になるため。
100歳:百賀・・・文字通り100歳のお祝い(他に百寿・上寿・紀寿と呼ばれる)。
101歳:百一賀・・・100歳以上は毎年百二賀・百三賀・・・と祝う。
108歳:茶寿・・・「茶」の字を分解すると、十が2つと八十八になるため。
110歳:珍寿・・・文字通り珍しいため。
111歳:皇寿・・・「皇」の字を分解すると、「白」と十二になるため。
120歳:大還暦・・・2回目の還暦を迎えるため。

◆敬老の日特集