トップページ > ベジタブル >

アスパラガス

爽やかな甘みと歯ごたえ、みずみずしさが特徴です
アスパラガス
グリーンアスパラガスの魅力
グリーンアスパラガスの魅力は、何といっても爽やかな甘味にシャキシャキとした歯ごたえ、そしてみずみずしさです。
軽く茹でて食べると、新鮮な風味を堪能できます。
太陽の陽をいっぱい浴びて元気に育ったグリーンアスパラガスは甘味や旨味があり、とてもとても美味しいです。
炒めものや天ぷら、茹でて醤油をさして食べるなど、素材を活かすような調理方法がおすすめです。
根元のほうから先に鍋に入れると全体を均一の柔らかさに茹で上げることができます。
旬菜果がお届けするものは新鮮です!
旬菜果がお届けする物は新鮮で甘いです。
グリーンアスパラガスは太いほど美味しいので、太いLサイズ以上がおすすめです。
好みや調理方法にもよりますが、太いほうがやわらかく、甘味が強いからです。
もちろんMサイズでも美味しいですよ♪
ホワイトアスパラガスの魅力
ちょっと焼くだけだと、シャキシャキの歯ごたえにほろ苦味がアクセントになって、とても美味しい!
しっかり茹でると、とろけるような柔らかさの中にもホワイトアスパラの食感も残った独特の旨みが楽しめます。
缶詰しか食べたことがない方にはぜひ味わっていただきたい、まったく違った美味しさです。
缶詰のホワイトアスパラガスは年中いつでも食べられますが、生のホワイトアスパラガスが食べられるのは5月中旬から6月下旬頃の限られたわずかな期間だけです。
グリーンとホワイトの違いは?
グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスは同じ種類のものです。
若芽が伸びる分の土を盛り、直射日光を浴びないように栽培するため、着色せず白い色のままなのがホワイトアスパラガス。
そのまま伸ばして日の光を浴びさせて育てるのがグリーンアスパラガスです。
ホワイトアスパラガスは、淡色野菜。
グリーンアスパラガスは、緑黄色野菜と違いがあり、陽の光に当たっている分ビタミンが形成されるグリーンの方が栄養面では優れています。
ホワイトの方が柔らかくしなやか。
甘さの中にほろ苦味がある独特の旨みが特徴です。
昔からホワイトアスパラガスは生食としてではなく、缶詰用に栽培されていました。
近年、生のアスパラガスと言えばグリーンアスパラガスのことと言っても過言ではありません。
しかし最近ではホワイトアスパラガスの畑の激減による希少性と生のフレッシュなホワイトアスパラガスの美味しさが注目され、大人気となっています。
グリーンアスパラガスに比べて収穫時期が短い事、栽培に手間がかかり生産農家が少なくなってきている事から、希少価値が高くなり値段も少々高価です。
ホワイトアスパラガスの下準備
◆ 柔らかくしたい!
1、根元の硬い部分を数センチカットして、上4cmほどを残して薄く皮をむく。カットした部分は捨てないで一緒に茹でてくださいね。
2、沸騰したお湯に塩小さじ1、砂糖ひとつまみほどを入れて、5分くらい。お好みでバターを入れてもOK。真っ白に仕上げたい場合は、お酢かレモンをひとたらし。
3、根元にすっと竹串が通るくらいになったら、火をとめて、そのまま冷めるまで放置。(苦みの気になる方はそのまま30分ほどおきます)
アスパラの旨味たっぷりな茹で汁はスープにどうぞ♪
◆ シャキシャキが好き!
1、根元の部分を数センチカットして、上4cmほどを残してちょっと厚めに皮をむく。
2、軽く塩を振ってから焼くだけ。焼くだけでも美味しく食べられます。
焼きたてはとても甘くてジューシーですよ
また焼いた後で調理をするとシャキシャキした食感とほろ苦味が残り、とても美味しいですよ(^^)
◆ 商品の詳細 ◆
保存方法
賞味期限
切り口に濡れ新聞をあてて、ラップなどに包んで立てて冷蔵庫に入れておく。
しなびてきた時は切り口を水につけておくと元気になります。
ただ、アスパラガスはとにかく鮮度落ちが早いので、直ぐに茹でて(硬めに)粗熱をとってから冷凍保存するのもおすすめです。
ホワイトアスパラガスは、到着後すぐに下処理するか調理してお召し上がりください。
食べ方 グリーンアスパラガスは軽く茹でてサラダにしたり、ベーコンを巻いて炒めたり、味に癖がないので色々な料理にお使いいただけます。
ホワイトアスパラガスはしっかり茹でてサラダやマヨネーズをかけてそのまま食べたり、簡単に焼いてシャキシャキを楽しんだりとホワイトアスパラの風味を生かした料理がおすすめです。
栄養性 カロテン、ビタミンC、ビタミンE、などを含み、栄養価は高い。
中でもアスパラギン酸は疲労回復やスタミナの強化、腎臓や肝臓の機能回復に効果があると言われている。
また高血圧を抑制するルチンも含み、動脈硬化の予防に効果的と言われている。
ただしホワイトアスパラガスは陽の光を浴びさせずに栽培するため、ビタミン類がグリーンアスパラガスよりも少ない。

◆グリーンアスパラガス

◆ホワイトアスパラガス

◆紫アスパラガス・セットなど

◆その他のアスパラガスを探す


グリーンアスパラガス ホワイトアスパラガス 紫アスパラガス セット・詰め合わせ