厳選!ズワイガニ
加能ガニ(石川産ズワイガニ)

加能ガニ(石川産ズワイガニ)とは?

加能ガニ(石川産ズワイガニ)石川県沖で水揚げされた「ズワイガニ」のこと。
橋立漁港を筆頭に金沢港など、加賀能登の漁港で水揚げされたものは青色のタグが付けられ、昨年から加能ガニと命名されました。
もちろん、品質は折り紙つき。
身がぎっしり詰まった極上「加能ガニ」のふっくら、ぷりぷりした歯ごたえ極上の甘み、獲れたての味は日本海ラインの別ブランドに負けていません。
この上ない贅沢なひとときをご家庭でお楽しみ下さい。

加能ガニ(石川産ズワイガニ)とは?

加能ガニ(石川産ズワイガニ)」とは、石川県で水揚げされるズワイガニのみを指します。
加能ガニ(石川産ズワイガニ)」漁の解禁期間は旬を迎える11月6日から3月20日の約5ヶ月間。当店の販売も3月20日で終わります。この期間以外に「加能ガニ(石川産ズワイガニ)」があるとしたら、冷凍ものか水槽でやせ細ったかになのでご注意ください。

 1kgを超えるのに10年ほどかかり、甲羅の幅は12〜15cm、全長70〜80cmくらいまで大きくなります。水深200m〜400m、水温1度〜3度ほどの暗く冷たい海の底に生息しているため、かに漁は底引き網で行われます。

 価格はその時期により違いますが、卸し価格で1.0kgで15,000円、1.2kgクラスだと20,000円は超えます。ほんの100gぐらいの差とその時期、足などの折れによって価格がずいぶん違います。

「加能ガニ(石川産ズワイガニ)」の水揚げとタグ

加能ガニ(石川産ズワイガニ)(加能ガニ)が水揚げされる港として有名なのは、石川県金沢市の「金沢港」や加賀市の「橋立漁港」です。
皆さんが、カニの時期に石川県の加賀温泉郷へ旅行されたときに食べられるズワイガニは、地元産だと「橋立港」のものでしょう。(食べ放題プランなどの安いパックは除く。)

2001年より石川県では地元産のズワイガニを証明するため、青色の「標識」(プラスチック製のタグ。表と裏に産地と港の名前が書いてある)をつけるようになりました。
しかし、昨年までは「越前ガニ」や「松葉ガニ」といったブランド名がなく、「石川県産ズワイガニ」や「石川産ズワイガニ」などの呼び名で、金沢の近江町でも観光客に説明していました。
今年から石川県漁協役員会で、「百万石ガニ」、「兼六ガニ」などの候補の中から、加賀の『加』能登の『能』の組み合わせで、石川県全体をイメージできる」として、「加能ガニ」のブランド名が決定されました。
全国的にはあまり浸透していませんが、これから徐々に知られていくと思います。

加能ガニカニ刺し

加能ガニ(石川産ズワイガニ)を食べられる宿




日本海のかに&温泉ガイド

お買い求めはこちらからどうぞ

楽天市場

Yahoo!ショッピング
Webサービス by Yahoo! JAPAN
Yahoo!オークション

Amazon

旬菜果タイトル
メニュー
日本海産ズワイガニ
越前ガニ
松葉ガニ
加能ガニ
(石川産ズワイガニ)
ズワイガニのメス
ズワイガニの疑問

Copyright (C) 2005 Syunsaika [syunsaika.com] All rights resarved.