厳選!ズワイガニ、越前ガニ、松葉ガニ、加能ガニ(石川産ズワイガニ) 

美味しい北陸のズワイガニ

ブランド蟹である北陸のずわい蟹は他産地と何が違う?

世界に広く分布しているズワイガニですが、北陸で獲れるズワイガニは高級なブランド蟹として日本人に認識されています。
ではなぜ同じ品種なのに北陸のズワイガニは他産地のズワイガニと一線を画しているのでしょうか?
まずズワイガニの生育に適した環境であるという点です。
水温、えさ、海底の環境、それらが複雑に絡み合い、越前ガニ・松葉ガニ・加能ガニの味は他産地に比べ甘く美味しいと言われています。
そして一番の違いは資源保護のために、厳しい漁獲制限と禁漁期間があるということ。
解禁される期間は、雄は11月6日〜翌年3月20日までの4ヶ月間、雌は11月6日〜翌年1月10日までのわずか2ヶ月間だけです。
しかも、漁業者の自主協定により、漁獲量の上限、禁漁区の設定、初産の雌ガニの漁獲禁止、省令にて厳しい甲幅制限、ミズガニ(最終脱皮前または最終脱皮後1年以内の雄ガニ)の漁獲禁止などの厳しい漁獲制限がされています。
こうして品質管理することにより、越前ガニ・松葉ガニ・加能ガニというブランドが確立され、品質の悪い蟹が出回らないようにしているのです。

ズワイカニかにのさしみ
焼きガニ

福井産『越前ガニ』、石川産『加能ガニ』、山陰産『松葉ガニ』は他産地とは違うズワイガニです。
値は張りますが、本物の味を堪能してください。
また、それらのメスは小さいですが、甲羅の中のカニミソや内子、外子が人気です。
こちらは小さい分お買い得価格です。

本物を見極めてください

本物の『越前ガニ』、『松葉ガニ』、『加能ガニ(石川産ズワイガニ)』には産地偽造を防ぐため、親指(はさみの部分)にタグが付いています。

近年、各都道府県の漁業組合は、輸入ズワイガニを地元でとれたように見せかけて売りさばく「産地偽造」の被害からブランドを守るため、地元で水揚げされた地元産を証明する「標識」(プラスチック製のタグ。表と裏に産地と港や漁船の名前が書いてある)をつけるようになりました。
おおまかに福井県なら黄色、石川・兵庫が青色、京都府が緑色という具合です。(漁港によって、他の色もあります。)
カニのタグ 黄色カニのタグ 青色カニのタグ 緑色カニのタグ オレンジ色
一級品と言われるブランド蟹は、港で漁師がセリにかける前にタグをとりつけるため、タグのついていないものはありません。
必ず一方の大きいつめ(人間の親指)の根元にとりつけてありますので、別の場所なら怪しいと思ってください。
ブランド蟹とはいえ、小さなものや身の詰まっていない二級品以下のものはタグの付いていないものもあります。
北海道産・オホーツク産・ロシア産・カナダ産などのズワイガニにはタグは付いていません。

紅ズワイガニには気をつけて

越前ガニ』、『松葉ガニ』、『加能ガニ(石川産ズワイガニ)』と『紅ずわいがに』は別の品種です!

越前ガニ』、『松葉ガニ』、『加能ガニ(石川産ズワイガニ)』が安いので買ってみたら、実はどこの産地か分からない『ずわいがに』や『紅ずわいがに』が送られてきたという話を聞くことがあります。
産地と名称をはっきり明記していないものは疑ってかかるべきです。

特に冷凍のカニを買うときは気をつけなければなりません。
『越前ガニ』、『松葉ガニ』、『加能ガニ(石川産ズワイガニ)』にほとんど冷凍はありません!
安すぎると落とし穴が待ってます。

他産地のズワイガニとの違い

1.カニの種類は同じだが、住んでいる場所が違う。

産地地図越前ガニ』は福井県沖、『松葉ガニ』は山陰地方沖、『加能ガニ(石川産ズワイガニ)』は石川県沖です。
一方、『ズワイガニ』は北海道産、オホーツク産、ロシア産、カナダ産、韓国産、北朝鮮産などがあります。

2.『越前ガニ』、『松葉ガニ』、『加能ガニ(石川産ズワイガニ)』の味は格別!

越前ガニ』、『松葉ガニ』、『加能ガニ(石川産ズワイガニ)』の足の身には甘みがあります。かにみそも味に深みがあります。
紅ずわいがに』はカニの缶詰、いわゆるカニ缶の原料となるもので値段も安く、『越前ガニ』、『松葉ガニ』、『加能ガニ(石川産ズワイガニ)』がこの味だと思っている人も多いかも知れません。
本当においしく、高価なカニなら缶詰にして採算が合うはずがないですよね。
カニ缶の味とは全く別物なんです。
越前ガニ』や『松葉ガニ』、『加能ガニ(石川産ズワイガニ)』がおいしいのは石川県沖〜兵庫県沖の日本海ラインの土地と水がいいから?海流の関係かもしれませんね。

3.『越前ガニ』、『松葉ガニ』、『加能ガニ(石川産ズワイガニ)』は他産地の『ズワイガニ』に比べ足が長い。

同じ大きさの甲羅をしている『越前ガニ』、『松葉ガニ』、『加能ガニ(石川産ズワイガニ)』と他産地の『ズワイガニ』を並べてみると、日本海に住む『ズワイガニ』の方が、北海道以北に住む『ズワイガニ』より足が長いことがひと目で分かる。
これも住むところによる違いのひとつです。


日本海のかに&温泉ガイド

安いものや高いものがあるのはなぜ?

どの産地のにでも言えることですが、同じ種類のでも価格はピンキリです。
越前ガニ』、『松葉ガニ』、『加能ガニ(石川産ズワイガニ)』にも一匹千円程度のものから三万円以上するものまであります。

その理由はまず大きさ、そしてもちろん品質です。
松葉ガニの漁港の一つ『柴山港』ではカニの分類が約60段階と非常に細分化されています。
気候、漁獲高によってセリ値が変わり、それにより価格も全く違ったものとなります。
また保存方法、例えば活ガニ、冷凍、冷凍でも船内冷凍の場合、陸揚げ冷凍の場合、その保存手段、解凍方法等多種様々で味が変わり、それによっても価格が変動します。
時期によって価格が大きく変動するのも難しいところです。

お買い求めはこちらからどうぞ

楽天市場

Yahoo!ショッピング
Webサービス by Yahoo! JAPAN
Yahoo!オークション

Amazon

ズワイガニかにみそ

旬菜果タイトル
メニュー
日本海産ズワイガニ
越前ガニ
松葉ガニ
加能ガニ
(石川産ズワイガニ)
ズワイガニのメス
ズワイガニの疑問

Copyright (C) 2005 Syunsaika [syunsaika.com] All rights resarved.